2015.2.17 MOTREY CRUE

 あのBUCK-TICKの遅刻ライブから数か月後・・・(笑)、ふと、インターネットで見つけてしまったん
だな。MOTREY CLUEの記事を。なんと今回のツアーを最後に、解散してしまうという事を…!!!
そしてなんと最後のジャパンツアーがあるというではないかい!!これを行かなかったら俺は多分死に
きれないぜ!!いや~、よくその記事を見つけた、偉いぞ俺!!…って事で(笑) ライブのスケジュール
と自分の仕事とかのスケジュールを確認したところ…う~ん…福岡ライブが一番都合がつきそうだと
いう事になりました。そんでその福岡公演が日本最後の公演、つまりこれでモトリーは見納め・・って
いう事でね。これは行くしかあるまいと、強引に連休をねじ込み(笑)、福岡ライブ参戦となったわけです。
さすがに今回は、電車での移動となったので遅刻はしてねぇっす(^^♪ ではその熱い夜を、みんなと
一緒に共有したいと思います。え?したくない?バ、バカな…(笑)

MOTREY CLUE FINAL TOUR in 福岡サンパレス

01.Saints Of LOS ANGELS
02.WILD SIDE
03.PRIMAL SCREAM
- M C -
04.Same Ol' Situation
05.LOOKS THAT KILL
06.On With The Show
07.Too Fast For Love
- M C -
08.Smokin' in the Boy's Room
09.Motherfucker of the Year
- M C -(Nikki Sixx)
10.Anorchy In the U.K.
11.DR.FEELGOOD
12.Shout At The Devil
13.Don't Go Away Mad
14.Tommy Drum Solo
15.Mars Guitar Solo
16.Live Wire
17.Too Young To Fall In Love
18.Girls, Girls, Girls
19.Kickstart My Heart

ENCORE
20.HOME SWEET HOME


 さて、学生時代、結構聴きまくっていたアメリカのバットボーイズバンド、MOTREY CLUE。この目で
直にお目にかかることはないだろうと思っていたのですが、意外にもこの機会が訪れ…しかもこれが最後
のチャンスかもしれないという事であれば行くしかないと。そう思いだしたら突っ走るのが音楽バカ・
FLAYREっていうやつです(笑) これまた人生初のMOTREY CLUEライブという事でしたが、前回の
BUCK-TICKライブで遅刻をやらかした教訓を生かし、今回は綿密に計画を立てた訳です。といっても
新幹線の手配と当日ライブ後の宿の手配だけですが(笑)
 さて当日はライブ夕方からですので、昼過ぎに電車に乗り福岡へ。当時はまだ岡山にいたのでだいたい
2時間程度の移動で博多駅へ到着。今回は余裕をもって、駅から会場行きのバスに乗り込みます。バス
でライブ会場に行く人はあんまりいないのか、モトリーのライブに行くぞ!!っていう気合いの入った
人を見かける事はなかったのであった。会場に到着したのはライブ開始時刻の1時間は前だったかと
思います。今回は余裕持って移動したので、グッズを買ったり、買ったTシャツをトイレにいって着替える
余裕すらあった(笑)そして、会場入りして早速自分の座席を確認…え~……  最後列から2番目!!(笑)
チケットをロー○ンで買ったのが悪いのか、ライブの開催に気づくのが遅かったのか?まあ今更言っても
仕方がないですが、こんなに最後尾の席だとは思わなくて少し落胆するおじさん一人…(笑)しかし、結果
としてその席は非常に良かった…と思うのはライブが終わった後の話。
 いや前置きなげーな(笑)
 さて、ライブ予定時刻をしばらく過ぎた後、ついにMOTREY CLUE日本最後のライブの幕が上がる…!
1曲目から最新アルバム『Saints Of LOS ANGELS』のタイトル曲でスタート!!何年かぶりにリリース
されたこのアルバム、もちろんFLAYREさんは持ってます。とうかこのアルバムしか持っていない(笑)
この楽曲ももちろん大好きな曲なので、のっけから大盛り上がりです(^^♪しかし最後尾(;・∀・)
実はMOTREY CLUE結構好きなんですが、全部の曲を知ってるわけではありませんでした。なので予習
としてDVDの『Carnivals of sin』を見ていたのですが、やはりその中からの楽曲が多い。でもやっぱり
昔から知ってる曲の方が盛り上がれますね~。個人的には『Same Ol' Situation』が結構懐かしくて、
イントロが始まった瞬間ニヤニヤしてました。前半から、彼らの『WILD SIDE』とか、『On With The
Show』といった彼らの代表曲のオンパレードで会場もかなりのボルテージです。いや~日本にも熱い
ハードロックファンはまだまだいます。安心します(笑)
 途中のMCはもちろん英語なんですが、なんとNikki SixxのMCでは通訳さんが登場し、彼の言葉を
伝えてくれました。内容は…今日俺たちは、サヨナラしに来たけど、MOTREY CLUEの音楽は、永遠に
残っていく。俺たちは日本の皆が大好きだ!!…というような事を言っていました。
 ヴィンス・ニールも昔と変わらないハイトーンボイスで激しいシャウトも決めてくれるし、変わったのは
体形だけ(失礼 笑)。マーズも相変わらずキレッキレのギタープレイを魅せてくれます。マーズの
ギターソロって結構好きなんですよね~(^^) 物凄い速弾きって訳じゃないんだけど、テクニカルで
ツボを抑えたプレイというか…わかりにくい?(笑)。アームを思いっきり使ったヘビーなイントロで
始まる「DR.FEELGOOD」…最高です。この曲がすごく聞きたかったので、生で聴けてもう最高です。
そしてドラムのトミーさん…今回ドラムソロコーナーありましたが…何というか度肝を抜かれたという
かね(笑)。会場の中心部に、鉄製のジェットコースターみたいなセットが作ってあって、それが最後尾、
つまり僕の席のすぐ近くまで伸びているんですね。まあ例えると会場の真ん中をジェットコースターが
一本走っていると言えばわかり易いか。んで、ドラムソロでは、そのジェットコースターをドラムセット
が電車みたいに通過していくっていう(笑)しかも、ただ通過するだけじゃなくて前後左右に回転しながら、
その中でトミーは激しくドラムソロを叩いていくという…ル○シーの真矢くんも真っ青です(笑)
 ドラムソロの後はマーズのギターソロです…が、正直あんまりよく覚えてません(笑)う~む。楽曲の
中のギターソロは良く覚えているのですが…ともかく、マーズのギターソロに続いて「Live Wire」で
またも会場は大盛り上がり、そして19曲もの本編は代表曲「Kickstart My Heart」で幕を閉じるので
あった。
 そしてアンコール…実は僕のいる最後尾の席、先ほど説明したドラムセットが回転しながらジェット
コースターのように会場を縦に横断したのですが、よく見ると最後尾には少しお立ち台?みたいなものが
あったんですね。もしやこれは…?と思いつつも目の前で展開される怒涛の楽曲達のノリノリの演奏で
忘れてました(笑)。アンコールが響く中、僕は密かにこの最後尾のお立ち台のところにクルー達がくる~
?とかいうくだらないダジャレを考えてました(笑)
 そしてアンコール。ホントに来たよ!!(笑) なんと本人達が縦に伸びるジェットコースターの脇から
登場!!そして最後尾のお立ち台に上っていくじゃありませんか!!ギャー!!(笑) というか日本の
アーティストのライブでは考えられないのですが、最後尾のお客さん、スマホで写真撮りまくってます!!
いいのかな?と思って見てましたが会場のスタッフも何も言わない…。これは、撮ってOKって事なのか?
アンコールでは名曲「HOME SWEET HOME」の演奏が始まります。しかし私、他の皆に便乗してスマホで
写真を撮りまくってましたのであんまり歌が入ってこない(笑)!!まあそれでも、歌の後半はじっくりと
聞かせて頂きましたがね…やっぱりいい曲です。何より、最後尾でメチャクチャ近い距離にあのMOTREY
CLUEのメンバーがいるんですよね!。もうオーラが半端ないです。
 そして「HOME SWEET HOME」が終わり…メンバーは手を振ってまた去っていくのでした。2回目の
アンコールは何やるのかな~とか思ってたら…会場に「本日のライブはすべて終了しました…」との
アナウンスが。なにぃィィィィィ?!!!(笑) 
 とまあ、終わりは意外とあっさりと訪れるもんだな、と。そうね、終わりは当たり前のようにくるもの
だし、仕方ないぜ、はしゃいでた、あの日にサラバ…と「CLOUDY HEART」が頭の中で流れたかどうか
は定かではない(笑)
 終わってみれば全20曲。本編の曲数が多かったのか、アンコールは1曲のみでしたが、これで本当に
MOTREY CLUE見納めって事でやっぱり寂しいもんですな~。まあライブ自体初参戦だったんですが(笑)
これも良い思い出として、心に残るライブになったのは間違いありません。撮りまくった写真は…
帰ってから見ると暗くてよくわからん写真ばっかりでした(笑)。とにもかくにも、日本で、しかも最後
福岡で、最高のロックンロールを届けてくれた彼らに感謝したい(^^) 以上、MOTREY CLUEのライブ
レポートを洋楽大好きおじさんがお届けしました(^^)/ 

モトリーへの熱い思いを当日の夜、ホテルでつづったブログ記事があるらしい。例のジェットコースター
写真も少し載せてある…⇒ここだぜ